G1 安田記念予想

アーモンドアイとダノンプレミアムの一騎打ち。。。と巷ではこの2頭の評価が高いが、果たしてこの2頭で決まるのだろうか。。。
両馬が隣同士の枠それも外枠。なにか胸騒ぎがするのは筆者だけだろうか。
馬場は先週に続き高速馬場。バイアスは内に働いており、逃げ先行有利。
メンバーを見る限り後傾瞬発型が多く、必然的に各馬アーモンドとダノンを前後に様子を伺いながらのレース運びになるだろう。アエロリットにしてみれば好都合。内枠を活かした自分の競馬に徹すればよいことを考えれば、ストレス無しにレースを運べる。
早目にダノンが仕掛けることを想定すれば、3角から一気のペースアップで持続力のある馬に食指が動く。
アーモンドアイは直前までスタート練習を繰り返した成果が出るかにかかっているが、鞍上はスタート下手なルメール。更に海外帰りと久々のマイル。絶対視は出来ない。
リピーターの多いこのレース。特有の条件を満たした馬が激走する。果たしてその馬は。。。


検証を重ねたが、かなり難解な結果となった。逆転理論が予想理論の推奨に上がった時点で、相当荒れるとみる。
各予想とも2頭まではなんとか確認できたものの、3頭目のあぶり出しが出来ない状況。理論以外の馬に注意が必要だ。


展開理論         2 6 15 3 4   回収率102.0%

G1安田記念理論18   15 14 5 11 4  回収率106.0%

SR理論          4 13 2 7 3   回収率100.4%

1着馬候補理論     14 15 5 8 2   回収率95.2%    

逆転理論         14 15 8 5 2  回収率115.6%

予想
外枠特殊マイルの点からアーモンドアイの評価を下げる。
反面、内枠逃げ先行有利のバイアス重視+特殊条件で2アエロリットを本命にする。
前走の暴走とも見える逃げは海外帰りと横典さんの思い切りでの結果。今回戸崎騎手に替わりペース配分も絶妙な配分が手に合い、アエロリットも余力をもって進めるだろう。
鞍上確保のためにここまで待った15ダノンプレミアムがここ目標であることは明確。
未来予想図の崩れたアーモンドアイ。何かが狂い始めてる。スタート練習を繰り返した今週。やはり気がかりはスタートか。。。遅れたとしても立て直しが十分効き、鞍上も腹をくくってのレースができるが仮に出遅れたとしたら久々のマイル戦対応できるだろうか。。。
穴は5インディチャンプ7モズアスコット8ステルヴィオ
理論に無い10フィアーノロマーノまで

◎2 アエロリット
〇15 ダノンプレミアム
▲14 アーモンドアイ
血7 モズアスコット
△5 インデォチャンプ
×8 ステルヴィオ
注13 ペルシアンナイト

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年06月02日 15:17
マイラーズ2着6グゥンチャーレも気になるところ。。。