G2 セントライト記念予想

菊花賞トライアルであるセントライト記念。本番へ準備を怠らない馬達が顔をそろえた。。。と言いたいところだが、近年菊花賞の価値が落ちていることを踏まえると、どうもこのレースのステップという重要性も疑問符が付く。距離と言う意味だけならばもう一つのステップレースである神戸新聞杯を選ぶことが望ましい。ただ、神戸新聞杯でさえ天皇賞へのトライアルと位置付ける考えの関係者も増えてきている。
神戸新聞杯に有力馬が集まれば、菊花賞への出走が危ぶまれる馬がセントライト記念で出走権を獲りに来る。これは常識。
しかし、まったく非根幹の中山2200mでは本番に繋がる可能性は低い。京都競馬場の工事はコース改修では無いため、今年も同様だろう。
そこで予想するうえで重要なのが、ここがメイチの仕上げであり非根幹である中山2200mに秀でた馬を見つけるということ。
前置きが長くなったが、今年の3歳牡馬は今一つパッとしない。少頭数ではあるが、あっと言わせる馬を見つける予想をしてみたい。

☆中山実績がモノを言うレース
有馬記念の2500mに並ぶ非根幹距離。荒れる要素はそこにある。
3歳戦となるとこの舞台は未知ではあるが、コーナーを4つ回るレースが参考になる。中山適性として重要なファクターと言えよう。

中山1800m以上の経験がある馬

7ガロアクリーク
8リスペクト
9サトノフラッグ
11ココロノトウダイ
12サベラヴィ

☆ダービー先行馬
開幕間もない中山競馬場。内枠先行有利と言われるが、2200mのレースはスタミナレースである。
持続力が必要なタフなレースになることは必至。そこで距離は200m長い上タフな東京を先行した馬が有利と言える。

10ヴァルコス

☆馬格がモノを言う中山2200m
急坂2回を走らなければならないこのコース。他の中山2200m以上のレースでもいえるが馬格が必要。スタミナが必要な故小型の馬にはハードルが高い。小回りの為、器用な軽量馬に目が行ってしまうが、反対にパワーのある大型の馬の方が戦績を残している。最低でも480㎏は必要。

前走480㎏以上の馬

1ピースディオン
4フィリオアレグロ
7ガロアクリーク
9サトノフラッグ
10ヴァルコス
11ココロノトウダイ

☆血統はロベルト系が好走
先にも述べたように、大型でパワーのある馬が台頭。血統ではドンピシャなロベルト系

8リスペクト

以上の内容から予想すると。。。

結論
バビットがハナを切って逃げの体制も平坦での好成績しかないこの馬はペースは上げられない。3角からペースを上げる算段とみる。セントライト記念は後傾ラップ故先行有利。
本命は10ヴァルコス。前走は先行したものの外枠が仇となったことと、相手が強かったという意味ではいたし方ない。
一枚落ちた今回のメンバーなら。頭数も手ごろで1F短縮なら持ち味も活きてくる。青葉賞と同じレースが出来れば。
相手は7ガロアクリーク。スプリングS・皐月賞と中山特化の馬。ダービーを見た印象もその傾向は伺える。ダービー最先着の意地を見せて欲しい。
単穴に8リスペクト。何といっても血統は侮れない。上位食い込みに期待。
9サトノフラッグは弥生賞こそ勝ちはしたが、多くの面で恵まれた感も。末脚一辺倒はここでは厳しく、先行すれば甘くなる可能性も。ペースが上がった方が良い口のため、ここは評価を下げた。
他は以下の通り。

◎10ヴァルコス
○7ガロアクリーク
▲8リスペクト
△9サトノフラッグ
×4フィオアレグロ
注11ココロノトウダイ
特6バビット

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント