G1 スプリンターズS予想

秋のG1初戦スプリンターズS。今年は安田記念においてアーモンドアイに勝ったグランアレグリア。高松宮記念の勝ち馬モズスーパーフレア。前走のセントウルSで格の違いを見せ付けたダノンスマッシュが参戦。見どころ盛りだくさんのG1らしいレースになりそうだ。
早速傾向に基づいた予想をしてみたい。

☆総合力で1400m重賞が重要
行った行ったになりにくい1200mのG1。これは多くの1200m重賞に言えることだが、ただ速いだけでは勝つことはできない。
特に中山1200mとなれば最後に待ち受ける坂がある為、一本調子では勝ち切ることは出来ない。スピードとパワー又は持続力が必要である1400mでの経験が活きてくるレースである。

重賞1400m勝利のある馬

3ダノンスマッシュ・・・京王杯SC1着
7ミスターメロディ・・・ファルコンS1着
9ダイアトニック・・・スワンS1着
10グランアレグリア・・・阪神C1着

☆先行馬よりも差し馬に妙味あり
兎角逃げ先行に目が行きがちな中山競馬場。しかし、このレースに置いては差し馬の台頭も多い。
今の中山競馬場は、極端な高速馬場でもなく逃げ切るのも容易ではない。ペースが上がるG1なだけに、差し馬の出番も可能性は高いというもの。
人気どころの差し馬は勿論、前走7番手以下からの末脚を見せた馬には警戒が必要。

4キングハート
5メイショウグロッケ
10グランアレグリア
15クリノガウディー

☆血統はレース特有のニジンスキーと中山1200mで走るミスプロ系が重要なポイント
過去の好走馬の共通するのがニジンスキー。昨年は該当しなかったが、過去馬券になった馬はニジンスキーを持っている。
やはり急坂を駆け上がる底力は血統から来るものだろう。

1ダイメイプリンセス
2モズスーパーフレア
3ダノンスマッシュ
7ミスターメロディ
8ダイメイフジ
9ダイアトニック
10グランアレグリア
11ラブカンプー

以上の内容から予想を組み立てると。。。

展開
2モズスーパーフレアがハナで快足を飛ばす。テンの流れが速く前3Fは32秒台を刻みモズスーパーフレアの流れを作る。
これに続くのが11ビアンフェと12ラヴカンプーだが、枠が外よりの為モズとの差は若干開く。好位に3ダノンスマッシュ8ダイメイフジ9ダイアトニック15クリノガウディーが続き10グランアレグリアがその後に続く。向こう正面は若干縦長の隊列。団子状態になるのは4角手前。
坂直前で内の馬が進路をなくす中、モズのラストスパート。各馬横一線になる中、満を持して外から足を伸ばす10グランアレグリアと先団から頭一つ抜けた3ダノンスマッシュと8ダイメイフジが足を伸ばす。10グランアレグリアとともにスパートをかけると馬群を捌いた15クリノガウディーが末脚に賭ける。


結論

本命は10グランアレグリア。傾向すべてをクリアしており、スピード・スタミナともに兼ね備えた馬はこの馬のみ。
快速モズスーパーフレアがペースを握れば、テンの流れは速く4角過ぎからの持久戦は間違いない。先団からズルズル落ちてくる馬を避けて外からしっかり差し込むだろう。
対抗は9ダイアトニック。モズスーパーフレアの刻む前傾の流れに同調して脚を使えるのはこの馬が一番近い位置にいる。本命馬とともに中間枠も好都合。今の中山は極端な内枠より中間枠の方が伸びている。無理に前に行かず適度な距離を保ちながら追走出来る。スタートが良ければ無理に抑えず、モズをつつく可能性もあり、いずれも鞍上の好判断が楽しみ。
単穴に2モズスーパーフレア。目標にされることは間違いなく、マークはキツイ。安田厩舎の2頭ダノン・ダイアコンビの作戦もあり得る。
いずれにしても後続の脚を封じる走りには迷いは無いだろうが、そう簡単に逃げさせてはくれないだろう。
面白いのが8ダイメイフジ。中山2-0-2-0はモズに次ぐ成績を。前々走函館Sでは自ら前傾ラップを刻みダイアトニックとのワンツー。
今回のメンバーでは一枚落ちる印象だが、中山戦績からも侮れない一頭。
他は距離ロスなく脚を溜められる3ダノンスマッシュ、ブリンカー効果で立ち直った気配の13レッドアンシェル、前傾ラップが得意の7ミスターメロディーまで。

◎10グランアレグリア
○9ダイアトニック
▲2モズスーパーフレア
△8ダイメイフジ
×3ダノンスマッシュ
注13レッドアンシェル
特7ミスターメロディー


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント